3P以上の複数で行うハーレムセックスとは?セフレと4Pした実体験から纏めてみた

エッチな話や体験談

男に生まれた以上「女性に囲まれたハーレム状態でするセックスを1度味わってみたい!」という憧れを抱くこともあるはず。

私も、「3Pも良いけど、もっとその上の興奮と快楽を味わいたいんだ!」という欲望に駆られ、日々心の底に悶々とした物を抱えながら生きてきました。

とはいえ、そんな夢のようなプレイは非現実的であり、妄想やAVで楽しむ程度だったというのが本音です。

しかし、ここまでエロを求め探求してきたわけで、なにも行動せず黙っているのも男が廃るというもの!!

今回はそんな夢のようなプレイでもある「憧れのハーレムセックスをするために本気を出してみた」のですが…

結果を先に書いてしまうと、「奇跡的に夢が現実になりハーレムセックスをできてしまった」ため、その際の様子や感想、私のセフレさんやご友人と振り返った様子などを紹介します!

ハーレムセックスに興味がある男女の皆様!

実際にやってみたからこそのリアルな意見を、ぜひ参考にしてみてください!

夢のハーレムセックスにいざトライ!「いや…相手探すのが難しすぎる!」

最初に断っておきますと、

相手を探すことはムリゲークラスに難しいです。

たとえば、私だとセフレを探すと場合と同様に、「pcmaxハッピーメールなどのアプリやサイトを使って掲示板で募集する」という形でアプローチしてみました。

募集するだけではなく、女性の書き込みもチェックしながら、コツコツと相手探しを続けていったわけです。

とはいえ、見つかる相手は基本的に以上のような3P希望の女性ばかり。(それも援助や業者がほとんど)

掲示板をチェックしていた女性からのメールで、チャンスか?とも思いつつ、少々微妙センサーが働きスルーしてしまったメール

やっとの思いでメールが届いたと思っても、以上のようにこちらも3Pを希望する女性ばかりという状況でした。

いや、さすがに最低4Pのハーレムセックスなんて、さすがに都合よすぎますから、「最悪援助でも良いから見つけたい」と思い活動していたのが本音です。

しかし、それだとしても、良くて3P止まりの相手しか見つからず。

PCMAXやハッピーメール、イククルにワクワクメールなど、できる限りの手を尽くすも…

 

「ヤバイ!正直まったく見つかる気がしないんだけど(号泣)」

 

という状態に陥り、メッタクソに打ちのめされ、簡単に見つかるとは思っていませんでしたが、半ばあきらめムードに突入してしまったのですよね。

いや、これ本当に実際活動してみると良くわかるのですが、「新規でハーレムとかムリ!」と言わざるを得ないレベルで難しい。

とはいえ、いくらムードは漂っても、「ここであきらめるなんて私らしくない」と思い、かなり長いことセフレとして仲良くしてもらっている、ナオちゃんに連絡。

私の必殺技でもある、女性目線での意見を聞くことで攻略に役立ててみようという魂胆で、アプローチ法の伝授を相談してみました。

3Pならワンチャンという意見はその通りで、手段や相手を選ばなければ、いくらでもなんとかできそうな空気はありますが、やはりハーレムは難しそうですよね。

また、「ハプニングバー」という方法もご提案いただきましたが、「残念ながら一緒に行ってはくれない」とのこと。

無念だ…

 

 

そんな誘いをもらえる!?「私としてみる?」

そんな中、「私としてみる?」という奇跡的すぎるご提案が!!

「いくら死ぬほど仲が良いセフレ」だからといって、「この流れで自分としようなんて提案をしてくれるとは思いませんでした。

それにしても盲点だったといいますか、「すでに親しいセフレがいる状態」だったわけで、「そこからチャンスを広げるという選択もあった」わけですよね。

これは言われてみて気がついたことでもあり、プレイ内容的にも、「いきなりできるようなプレイでもない」ですし。

冷静に考えれば、「親しいセフレを誘うことや作ることが、最低4Pのハーレムをするためにできる、1番の攻略」です。

とはいえ、この状態ではまだ、ハーレムという楽園が確約されたわけではなく、「あくまでも友達に聞いてくれる」というチャンスが広がっただけです。

 

奇跡と強運でハーレムゲット「長期の親しいセフレがいて良かった…」

憧れのハーレムセックス…「できることになった…だと!?」

期待に胸を膨らませながら、連絡を心待ちにしていたところ…

できることになった

というご連絡が!

うっひゃー!!ヤバイヤバイ神だ!えっでももしかして明日死ぬのか!?

などと内心で思いつつ、感謝の言葉を絞り出して伝えます。

そして、「自分にもしっかりと構って」というナオちゃんの可愛さに心を奪われながら、「ハーレムセックスに付き合ってくれる女性たちのプロフ」も確認。

(事後のインタビューまで取り付けてくれている辺り、本当に女神!)

これは実際にしたからこそ思うことなのですが、私のように、というよりも基本はこういった形で、「仲良くなったセフレとする」ことは多くなるはずなのですが…

「他女性のプロフや情報をもらっておくことがすごく重要」で、事前に把握しておくことで、「はじめて会う女性たちのことを少しでも知っておく」方が良いです。

どういった扱いをすればいいのか、どんなことは苦手なのかなど、「ハーレムという状況だと当日に確認しながらプレイするのは難しい」ですから。

そして、以上のような経緯もあり、「ハーレムセックスという憧れの天国を経験できた」わけですが…

この経験を通じてわかったこととしては、「長期のセフレがいて本当に良かった」ということ。

もちろん、「今すぐハーレムセックスをしたいという人には使えない方法」です。

それでも、これからセフレを作り関係も深めていくことで、私のようなチャンスを経験できる可能性はあり、ハーレムをつかみ取る手段も1つ発掘できたわけですから。

こうなると気になってくるのが、「ハーレムセックスって結局どうなのよ?」ということでしょう。

そこで、ここからはハーレムセックスにご協力いただいた、3人の女性と一緒に、「ハーレムセックスを振り返ってみた様子と私の感想」なども紹介していきます。

 

実際に体験してみた男女の感想「意外にも双方が大興奮のプレイだと判明」

ハーレムプレイはラブホテル選びが重要

まず、当日のことを簡単に話しておくと、最初にやらかしたこととしては、「複数人で利用できるホテルをみつけること」でした。

人数制限があるラブホテルもあります

待ち合わせをした駅周辺で、とくにいつも私とナオちゃんが使うホテルなどは、「4人だとは入れない場所も多かった」ため、恥ずかしいことにセックス前にいきなり躓きます。

幸い、夜の時間帯で朝までコースを想定したこともあり、また早めに全員集合したこともあって、余裕をもってホテルを探し無事に修正できたのですが…

ハーレムセックスをする場合は、以上のようなことは基礎として、覚えておくことをオススメします!

ハーレムプレイ後の反省会

やり取りを見ていただいてもわかる通り、「男女双方が興奮できて楽しめるプレイだった」ということでした。

正直、男性だけが楽園にたどり着けるプレイという印象もあったため、事後に以上のようなLINEをいただき、驚くと同時にとても素晴らしいプレイだと実感できたのですよね。

もちろん、しおちゃんが振ってくれた返答としても回答しているように、「男性にとっては絶対的に有意義で夢のような時間」ということは間違いありません。

それでも、ナオちゃんも書いているように、「男だけが天国なのかと思った」という印象は女性もあるわけです。

しかし、実際は男女双方が楽しめるプレイで、これって経験したからこそわかったことなのですよね。

みなさん、内面外見ともに魅力満載で、楽しんでいただけたことはなによりですが、「恐らく私がもっとも楽しんでいた」ことは間違いありません。

ハーレムセックスをすると「男女ともに性欲がフィーバーする」

男性側の感想として印象的だったのが「とにかく自分に隠れているオスが異常にフィーバーする」ということです。

賢者タイムの時間は非常に短く、最初から最後まで性欲と興奮がフルに暴走してくれて、「まるで脳が別の物になったかと思ってしまうくらい興奮する」のですよね。

ただ、それは男性だけでなく、「女性もかなり興奮や性感がフィーバーする」印象で、3人の乱れ具合は中々見ものでした。

というのも、女性的な感想として、「この人はセックスでこうなってしまうのか」という印象をしおちゃんも語っていますが…

普段のナオちゃんを見ているからこそわかることとしては、「間違いなくいつも以上に興奮していた」ことも事実で、確実に興奮や性欲は振り切っていましたからね。

「途中から女性同士でもかなり激しく絡み合っていた」ことからも、「女性が複数という環境は女性もかなりの興奮を体感できる」ことがわかりました。

加えて、ナオちゃんも触れてくれていますが、しおちゃんの興奮ははじめて会う男が見てもわかるほど凄まじく、「なにもせず喘ぎそうなくらい呼吸が乱れていた」くらいです。

以上の3人で比較すると、「もっとも性に対してなれていない女性」で、最初は下着になることすら戸惑いと恥じらいがあったしおちゃんも…

「恥ずかしさを忘れるほど夢中」だったわけで、中な状態になってからは、私にしがみつきながら、荒い息遣いで甘えるのが止まりませんでしたからね。

まあ、これというのは私に夢中になったというよりは、「女性が複数いる環境や普通ではない状況に興奮していた」という側面もあるでしょう。

しかし、男性からすればそこまで興奮してくれている女性を抱ける喜びがありましたし、女性自身にとっても、それだけの興奮を味わえるほど楽しんでもらえていたわけです。

そう考えると、ハーレムセックスってとても素晴らしいプレイですし、私自身激しくハマってしまいそうです。

 

ハーレムセックスで男性が大変だったこと

男として幸せのほうが圧倒的に強かったとはいえ苦労もありました。

複数人を相手にすることは難しい

苦労した点1

「2本の手」と「顔(愛撫で使うのは主に口)」だけでは中々対応しきれない

「そんなの余裕でしょ(笑)」などと思う男性もいるでしょうが、「そもそも1対1のセックスですら女性に満足してもらうことは難しい」わけです。

それが相手は3人もいる状況だと、1人だけに集中するわけにもいきません。

風俗などであれば、「基本的に男性は責められていればいい」ですから、複数人プレイだとしても充実感は獲得しやすいのですが…

今回のような形でハーレムを築く場合「男性も女性に対して責めを行う必要がある」のですよね。

そういった方面にも意識振り撒きながらしていくことを考えて、満足してもらえるようにプレイしていくことを想定すると、とても苦労するということを実感しました。

「全員がその日はじめて会う」という状況だと、「コミュニケーションなどでも相当苦労するプレイ」という印象です。

男女で乗り気で協力しあえる雰囲気を作る必要がある

苦労した点2

女性陣が乗り気で協力的でないとプレイを満喫できない

続いては、参加者が全員乗り気でないと協力し合えず楽しめない、ということです。

私たちの場合は女性同士でも愛撫しあい、「セックスの共同作業」というようなイメージで楽しめたことで、結果的にとても良いプレイを男女双方が満喫できたと言えます。

ナオちゃんを私が責めているときは、私にしおちゃんが寄り添いながらも、そのしおちゃんを澪ちゃんが責めている。

澪ちゃんに挿入しているタイミングでは、ナオちゃんが私にキスを求めながら、しおちゃんのバストを私が刺激し、しおちゃんが私を挟んだ反対にいるナオちゃんのアソコを刺激。

「1人が責めることに集中するのではなく、男女双方が協力しあいながらプレイすることが不可欠」なプレイで、その色は通常のセックスよりも濃いのですよね。

女性陣がギクシャクしている場合は男性がうまくリードして雰囲気を作っていく必要がありますし、関係性をうまく築ける相手でないと、まったく楽しめないプレイになりかねません。

このような1対1ではないからこそおきる状況は、男性はとくにですが、女性にも苦労をかけるポイントでしょうから、ぜひ覚えておいてみてください。

 

ハーレムセックスで女性が大変だったこと

「イキたくなると自分優先になる(笑)」

次に「女性が大変だったこと」について質問をしてみました。

男性の取り合いになり、ハーレムプレイができない

LINEで書かれていること以外だと、イクという経験自体少なく時間がかかってしまうしおちゃんに対して、2人が少し急かしてしまうような状況

また、ナオちゃんがイッたあとの余韻に浸りながら私と絡み合っていると、待たされていた澪ちゃんがそれを邪魔してしまうなど(笑)

男性は満足度が高くなっても「女性は自分のリズムやルーティンを守れない」部分もでてくるため、大変だと感じたわけですよね。

それこそ、イクという状況が近づいた時などは、ナオちゃんも書いてくれているように、「みんな自己中」だと言えてしまう状況も多々ありました。

まあ、今回に限っては、しおちゃんも書いてくれたように、澪ちゃんがつねにその中心で私を誘惑してくれていたことも原因かもしれませんが…(笑)。

しかし、以上のようなことは大変だったポイントでもある反面、「ハーレムセックスという状況だからこそ味わえる興奮ポイント」でもあったそう。

「普通ならないこと」でもありますから、「通常のセックスよりも性感が高まる」こともあるようでしたし、大変ではあるけど、メリットも大きい要素なのですよね。

男性からすればとても素晴らしい光景ではありましたし、取り合う状況という物もまた、ハーレムセックスの醍醐味でもあると言えるでしょう。

 

ハーレムセックスで男性が楽しかったこと2選

続いて、「男性が楽しかった点」についても質問を受けました。

勃起力や勃起の回数がビックリするくらいアップする

楽しかったこと1

勃起力や勃起の回数がビックリするくらいアップする

女性から見ても、「たくさん勃起してたくさん射精していた」ことを実感してもらえるくらいで、普段とレベルが違う勢いで複数回戦できるくらいでした。

正直言うと、今回事前にすごく心配していたこととして…

3人いたら3人に1回ずつは出さないといけないのか?

でもそんなに出せるだろうか…

いや、そもそも仮に1回早く射精したとしたら、そのあとどれくらい勃起できるのだろう。

最悪自分の性欲が空回りして空気壊すのでは?

不安・葛藤していましたし、これはハーレムセックスという物を目指す以上、男なら心配に思えてしまう要素ですよね。

しかし、その不安は杞憂で、ハーレムという特別過ぎる環境は、確実に自分の想定していた性欲を圧倒的な勢いで上回っていきました。

もちろん、今回は3人とも私好みだったという理由だってあるでしょう。

3人ともノリノリで私と終始エロく乱れてくれましたし、慣れ親しんだナオちゃんの安心感、澪ちゃんの母性とあふれ出る色気、しおちゃんのピュアエロいオーラなど。

3人がとても魅力的だったことは、理由として存在しているでしょうから。

それでも、ハーレムという環境がそうさせたということも間違いなくあり、「ハーレム自体が男のパワーを爆発的に引き出すプレイ」なのですよね。

楽しい反面と言いますか、「事後はアソコにかなり疲労を感じる」こともありますが、そんな物なんて気にならないくらいには素晴らしい経験でした(笑)

それにしても、澪ちゃんの男を狂わせる母性、文章でもそうですが実際会話をすると脳がやられそうな甘いボイス、そして以上のような対応は私の息子も元気をもらえました。

最後の方はさすがに、「やめてお父さん!澪ちゃんは危険だ!」という声も聞こえていましたが、「黙ってがんばれ!」と息子を叱咤するレベルで虜にされていましたね(笑)

ナオちゃんもやり取りはサバサバしていますが、いつも以上に女性らしいを部分や恥じらいなどを見せてくれましたし、しおちゃんのフレッシュな妹感にも包まれ…

痛みなんて知らん!と思えるほど、優劣なんてつけられない魅力のコントラストが素晴らしく。喜びが勝っていたことは文句なしの事実です。

モテている感覚が超絶すぎて世界がバラ色

楽しかったこと2

モテている感覚が超絶に感じられる

ハマって抜け出したくないほど魅力的に思えたこととし、「モテている感覚の超絶さ」は凄まじいものがありました。

お恥ずかしい話、「女性から見ても幸せそうな顔をしていた」くらいで、異次元のバラ色具合を堪能できましたからね。

ナオちゃんも書いてくれていますが、一晩で3人もの女性をまとめて相手させていただけること、「自分を求めてくれる」というモテ感は、天国以外の何物でもありません。

また、澪ちゃんは私の人柄などを評価してくれていますが、「複数人プレイで男性が1人という環境」だからこそ、女性も興奮してくれてそのような状況になった部分もあるでしょう。

そういう意味では、ハーレムセックスがどれだけ男性にとって素晴らしいか、ご理解いただけるはずです!。相手を見つける苦労はありますが、ぜひ多くの男性に味わってもらいたいと思える世界でした。

そして、男性にとってはどれだけ魅力的なのかご理解いただけたはずですが、ここでもう1つ気になることは、「女性にとっても魅力的なのか?」ということですよね。

 

ハーレムセックスで女性が楽しかったこと3選

女性が楽しかったこと1「友達同士の仲がもっと良くなった」

女性が楽しかったこと1

元々仲良しだった親友同士がもっと仲良くなれた

棒姉妹というフレーズは中々パンチもあり、爆笑してしまったのは言うまでもありませんが…

これについては、3人とも魅力として感じたようで、「セックスという普段は隠すはずの部分をさらけ出せた」ということは、とても効果的だったようです。

正直なところ、私としては関係を壊す不安もあったのですが、「とても良い機会」とまで言えるプレイだと分かったことは、とても大きな収穫でした。

もちろん、しおちゃんも書いてくれたことで、「中途半端な仲だと関係が悪くなることだってありえるかもしれない」ことは、注意が必要でしょう。

女性が楽しかったこと2「女性同士で本気の愛撫やプレイを見ての新しい発見がある」

女性が楽しかったこと2

女性が女性の身体にエロい気持ちで触ることで新しい発見がある

本気で愛撫をし合うだけではなく「自分とは違う性感」などを直接見る機会にもなったことも、刺激的で楽しかったそうです。

それこそ、乳腺イキができるという澪ちゃんに対して、私だけではなくナオちゃんも刺激してイカせている状況もありましたし…

「真似をして自分で試した」ということも書いてくれているように、「自分が今まではイキにくかった場所」などを、「イケる女性の真似をして触りっこ」などもしていましたからね。

たとえば、澪ちゃんは乳首だとイキにくいとのことだったのですが、ナオちゃんがイク様子を見て、ナオちゃんが澪ちゃん対して触れている感覚などを触りながら伝える。

澪ちゃんがGスポイキしている姿を見てしおちゃんも興味を抱き、澪ちゃんが指入れをしてあげながら、しおちゃんも気持ち良さを知るなど。

そういった経緯でも本気の愛撫を女性同士でしている状況などもあり、目でみることなども含めて、魅力的だったようです。

まあ、とくに今回澪ちゃんはその辺り積極的だったのですが、「セックス自体への慣れが薄い」しおちゃんも、その空気に巻き込まれて興奮していたくらいですからね。

経験が豊富な女性もですが、逆に経験が少ない女性でも、すごく楽しめるという意味でも、これはハーレムセックスのかなり大きな魅力と言えるでしょう。

気持ち良い感覚を知りたい!という女性などでも、かなり効果的なプレイという印象がありましたから、興味があればぜひ試してみてください。

女性が楽しかったこと3「見られていることでの興奮」

女性が楽しかったこと3

「見られている」という要素からくる興奮が良かった

男女層に言えることですが、性的に興奮が高まることにより、それだけ乱れ方も激しく情熱的になりますし、「特別なプレイ」だからこそ興奮は引き上がります。

実際、私だってセックスしている姿を、複数の女性に見られているという状況でしたが

「目線がいくつもある状況自体特殊でそれに興奮した」部分はありました。

それこそ、比較的にクールな振る舞いを見せていたナオちゃんも、「恥ずかしいから見るな」などと言いながら、言葉とは逆に澪ちゃんの腕を引き寄せていましたからね。

後から電話でも話していたのですが、冷静なナオちゃんでも、良い意味で混乱してしまうほど欲情していたそうで、そうなれるほど興奮するプレイなわけです。

単純に裸を見られるのではなく、「セックスを人に見られる」という状況の特殊さは、うまく自分の性癖や興奮とマッチすれば、とても大きな魅力になりますから。

恥ずかしさなどを不安視している女性も、試してみることで実際は楽しめる可能性もあるため、興味があるならぜひ試してみてほしいですし…

恥ずかしがりながらも興奮する女性の姿は、男性にとってもかなり魅力的です。

女性が魅力に感じて、そこで男性も興奮できるという、男女双方に良いサイクルも生まれるため、男性からしても魅力的なポイントでした。

ゆえに、ぜひ機会をみつけていただき、この興奮や感覚を味わってみてください。

 

ハーレムセックスをしたいならどうすれば良い?:まずはセフレ作りを目指すべき」

さて、男女が感じた魅力や楽しかったことも紹介し、これにて一通り振り返ることもできました。

しかし、「機会をみつけて」とは言った物の、具体的にどうやって相手は見つけるの?という疑問だってありますよね。

これに関しては、最初にも書いた通り、「基本的にはセフレを作る」ということからはじめて、「そこからチャンスを作る」という方法が効率的です。

楽しむともなれば、余計にその方法がハーレムプレイのポイントで、今回実際に体験して私もわかりましたし、時間はかかってもそういったステップを踏む方法がベストでしょう。

そもそも、男性はとくにですが、自分からハーレムを目指して動かないことには、「普通なら機会もないプレイ」なわけです。

女性からしても、「普通に出会った相手」などの場合、「いきなりハーレムをしよう!」などということにはなりませんよね。

加えて、「恋人や夫婦」というような関係だと、「関係も複雑化しそう」ですし…

そうなるうと、「セフレという関係がベスト」であり、「まずはセフレと仲良くなること」が重要ということなのです。

女性が友達を紹介するとしても、信頼感も築けていない相手に、それこそハーレムのような特殊プレイを理由に紹介しにくいでしょうから。

セフレ作りをするならアプリが最強

とはいえ、そんなセフレ自体、そもそもどうやって作るの?ということも、重要なポイントですよね。

これについては、3人も書いてくれていますが、「出会いに使えるアプリやサイト」を利用して、探していく方法がオススメです。

実際に私とナオちゃんも、「関係がはじまったのはワクワクメールから」でしたし、そういった便利なコンテンツでセフレを探し、仲良くなって関係を続けてきました。

また、こういった方法は、男女双方に有効とのことで、「アプリやサイトはセフレ作りをするなら結局最強」ですからね。

ワクワクメールだけではなく、PCMAXハッピーメール、イククルなどのような…

「アダルト機能と掲示板機能があるアプリやサイト」

なら、セフレ作りに対してかなり効果を期待できます。

当サイトでも解説などを行っている安心安全なコンテンツですから、興味があれば登録してみてください!

アプリを利用してセフレを作る場合、そもそもセックスなどへの探求心も高いですし、前提にセックスが存在しています。

「長く続けるほど色々なことに前向き」な気持ちが沸いてきますし、好奇心や興味も高まり、そして信頼も築けていけるのですよね。

その結果として、今回の私同様に、「ハーレムセックス」という物につながる可能性も高くなりますから…

ハーレムを目指したい場合は、ぜひアプリのご利用とセフレ探しから、まずははじめてみてください!

 

最後に

それでは、以上で私たちが体験してきた、ハーレムセックスについての紹介も終わります。

結論としては、「本当にして良かった」という感覚が強く、実際に体験することで知る素晴らしさなどもあり、今まで本気でしようと努力しなかったことを後悔したほどです。

私のワガママに付き合ってくれた3人も、楽しんでいただけたようですし、男女一緒に興奮できる素晴らしいプレイでもありました。

幸福なことに、新たなセフレ?との出会いにもなり、またハーレムをできるという約束までしてもらえた私は、死ぬほど幸せだと思っています(笑)。

とはいえ、これってセフレ作りを努力し続けてきたからこそ、経験できたことでもあり、セフレを作ろうとしてナオちゃんに出会っていなければ…

「ハーレムセックスを楽しむ機会なんてなかった」

わけです。

今まで多くの苦労もいてきましたし、セフレ作りもたくさん苦戦してきましたが、そこで諦めなかったからこそ、経験できたことなのですよね。だからこそ、ハーレムを夢見る男性はとくに、諦めずにセフレ作りも頑張ってみてほしいですし、努力すれば報われることもあると知ってほしい気持ちもあります。

夢見るだけではなく、実現させるために、ぜひ諦めずに行動してみてください!

きっと素敵な出会いがまっています。

この記事を書いた人
アキラ

大阪在住の独身アラフォー会社員
このサイトでは、従来からの出会い系、風俗の話題に加えて、プライベートな話もたまに書いています。
また、ヒアリングなどから得た情報を基に、男女の恋愛事情や人の生き方・働き方に関して私なりの知見を纏めています。

アキラをフォローする
エッチな話や体験談
シェア頂けますと泣いて喜び更新を頑張りますm(_ _)m
アキラの出会い系・風俗体験談

コメント